自動車やバイク、トラックなどの車名の由来一覧|由来DB

NEW車名の由来を一覧にまとめた「由来DB」がオープンしました。

マツダ

AZ-ワゴンの車名の由来

マツダ株式会社は、広島県安芸郡に本社を置く自動車メーカー。

自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーです。
本社は、広島県安芸郡府中町新地3番1号。2015年度の世界販売台数は153万台です。

世界で唯一ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネスブックの認定を受けています。

近年では「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、スポーティな車作りに特化し、オーストラリアでアクセラが2012年の販売台数首位に立つなど、海外での評価が高いです。

AZ-ワゴンの車名の由来
タイプ 自動車
メーカー マツダ
車種名 AZ-ワゴン
車名の由来 AZはオートザムの略。
AZ-ワゴンのスペック・諸元表
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1660mm
ホイールベース 2400mm
車両重量 800kg
燃費 -km/h
AZ-ワゴンのCM動画
AZ-ワゴンの経歴・歴史
マツダ・AZ-ワゴン(1994年 - 1999年):
マツダ・AZ-ワゴンは、1994年に初代が登場したコンパクトカーです。AZ-ワゴンは、小型ながら広い室内空間と燃費の良さを重視したモデルとして位置づけられました。直列3気筒エンジンを搭載し、前輪駆動モデルが提供されました。スライドドアや後席の可倒・スライド機構など、使い勝手の良さが特徴でした。1999年には2代目モデルへと進化しました。
マツダ・AZ-ワゴン(1999年 - 2007年):
1999年に登場した2代目のマツダ・AZ-ワゴンは、より洗練されたデザインと快適性を追求したモデルとなりました。エンジンは直列3気筒または直列4気筒を搭載し、前輪駆動モデルが提供されました。室内空間の拡大や安全装備の充実が図られ、快適な走行と利便性の向上が実現されました。2007年には3代目モデルへと進化しました。
マツダ・AZ-ワゴン(2007年 - 2014年):
2007年に登場した3代目のマツダ・AZ-ワゴンは、よりスタイリッシュなデザインと高い燃費性能を特徴としました。エンジンは直列3気筒または直列4気筒を搭載し、前輪駆動モデルが提供されました。軽快な走行性能と燃費の良さが評価されました。2014年には4代目モデルへと進化しました。
マツダ・AZ-ワゴン(2014年 - 現在):
2014年に登場した4代目のマツダ・AZ-ワゴンは、よりスタイリッシュで洗練されたデザインと高い燃費性能が特徴です。エンジンは直列3気筒を搭載し、前輪駆動モデルが提供されています。軽量なボディと先進的なテクノロジーにより、優れた燃費性能と快適な走行性能を実現しています。現在も販売されている最新モデルとなっています。