自動車やバイク、トラックなどの車名の由来一覧|由来DB

NEW車名の由来を一覧にまとめた「由来DB」がオープンしました。

マツダ

CX-3の車名の由来

マツダ株式会社は、広島県安芸郡に本社を置く自動車メーカー。

自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーです。
本社は、広島県安芸郡府中町新地3番1号。2015年度の世界販売台数は153万台です。

世界で唯一ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネスブックの認定を受けています。

近年では「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、スポーティな車作りに特化し、オーストラリアでアクセラが2012年の販売台数首位に立つなど、海外での評価が高いです。

CX-3の車名の由来
タイプ 自動車
メーカー マツダ
車種名 CX-3
車名の由来 C:クロスオーバーコンセプト、X:スポーツカーの意味。「CX」はクロスオーバー(cross over)車のラインナップを表すという思いを込めて命名したもの。数字は1から9までの数字を用いたマツダ独自の車格を表していて、数字が大きい方が車格も上となる。
CX-3のスペック・諸元表
全長 4275mm
全幅 1765mm
全高 1550mm
ホイールベース 2570mm
車両重量 1240kg
燃費 -km/h
CX-3のCM動画