自動車やバイク、トラックなどの車名の由来一覧|由来DB

NEW車名の由来を一覧にまとめた「由来DB」がオープンしました。

マツダ

ユーノスプレッソの車名の由来

マツダ株式会社は、広島県安芸郡に本社を置く自動車メーカー。

自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーです。
本社は、広島県安芸郡府中町新地3番1号。2015年度の世界販売台数は153万台です。

世界で唯一ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネスブックの認定を受けています。

近年では「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、スポーティな車作りに特化し、オーストラリアでアクセラが2012年の販売台数首位に立つなど、海外での評価が高いです。

ユーノスプレッソの車名の由来
タイプ 自動車
メーカー マツダ
車種名 ユーノスプレッソ
車名の由来 プレッソは、イタリア語で「仲間」「身近な人」という意味。人とクルマの間柄を身近な存在、親しい仲間ととらえ、ラテン的な明るさ、楽しさを感じさせる名前として命名。 「ドライバーにとっての友人」という意味が込められている。また、海外輸出名は「MAZDA MX-3」だが、カナダ市場では「MAZDAMX-3 Precidia」、オーストラリア市場では「ユーノス 30X」だった。
ユーノスプレッソのスペック・諸元表
全長 4215mm
全幅 1695mm
全高 1310mm
ホイールベース 2455mm
車両重量 1030kg
燃費 -km/h